研究内容 メンバー 出版物 ソフトウェア リンク
  居室は,桐生キャンパス6号館503室です.      
 
  任意の次元の非一様な距離空間において,任意長の系列の最尤な重ねあわせを計算するアルゴリズムを開発しました.図は,複数の数字データ「2」から自動的に形状を学習しながら,位置と回転角度を推定する様子を示しています.これをタンパク質立体構造の重ねあわせにも応用しました.  
     
 
 
     
 
図 数字「2」の形状を自動的に獲得し,位置と回転角度を推定する様子
 
     
  文献  
  [1] Tsuyoshi Kato, Koji Tsuda, Kentaro Tomii, Kiyoshi Asai:
A new variational framework for rigid-body alignment,
Structural, Syntactic, and Statistical Pattern Recognition, pp.171--179, Aug., 2004,pdf
 
 
English
 
学生の活躍
 
共分散記述子
マハラノビス符号化
顕微鏡画像解析
平均多項式カーネル
打ち切りデータのベイズ推定
計量学習
ファジー部分空間クラスタリング
リガンド予測
酵素活性部位探索
伝達学習によるリンク予測
多タスク学習
ラベル伝播法
マイクロアレイ用カーネル
薬剤耐性予測
ネットワーク推定
カーネル推定
変分剛体変換
その他