研究内容 メンバー 出版物 ソフトウェア リンク
  居室は,桐生キャンパス6号館503室です.      
 

 

 

ニュース

     
2016年10月,加藤は千葉で NAR 論文 "Prediction of Developmental Chemical Toxicity based on Gene Networks of Human Embryonic Stem Cells"に関する講演を行います.
 
2016年10月,ジャカルタで開催された The 2016 International Conference on Science and Engineering in Biology, Medical and Public Health (BioMedPub2016) において,我々の論文 "Analysis of Nurse Call Data Based on the Medical Care Process" が Best Paper Award に選ばれました.
 
2016年10月,修士2年松澤君が国際会議 ECCV2016 にて研究成果を発表します.
 
2016年9月,加藤が台場で研究成果を発表します.
 
2016年9月,修士2年松澤君が FIT2016 で研究成果を発表し,FIT奨励賞を受賞しました.
 
2016年9月,修士1年小林さんが FIT2016 で研究成果を発表し,FIT奨励賞を受賞しました.
 
2016年9月,我々の査読付き論文 "下水再生処理におけるヒト腸管系ウイルスの目標除去効率の算定法" が専門誌 土木学会論文集 に採択されました.
 
2016年8月,我々の査読付き論文"Evaluation of virus reduction efficiency in wastewater treatment unit processes as a credit value in the multiple-barrier system for wastewater reclamation and reuse"が専門誌 Journal of Water and Health に採択されました.
 
2016年8月,修士2年松澤君筆頭の論文 "Stochastic Dykstra Algorithms for Metric Learning with Covariance Descriptors" が MIRU2016 でオーラルセッションに選ばれ,口頭発表を行いました.この発表に対して,MIRU2016学生奨励賞が贈られました.
 
2016年8月,修士2年高岸君が静岡で研究成果を発表します.
 
2016年8月,加藤が静岡で研究成果を発表します.
 
2015年7月,我々の査読付き論文"Adaptive Local Thresholding for Co-localization Detection in Multi-Channel Fluorescence Microscopic Images" が IEICE Transactions on Information & Systems に採択されました.
 
2016年7月,我々の査読付き論文 "Stochastic Dykstra Algorithms for Metric Learning with Positive Definite Covariance Descriptors" が国際会議 ECCV2016 に採択されました.採択された論文数は 415 編あり,415 編目の論文番号が 1869 であることから,今年の採択率は 22% 程度と予想されます.
 
2016年6月, 我々の査読付き論文 "Sensorless cardiac phase detection for synchronized control of ventricular assist devices using nonlinear kernel regression model"が専門誌 Journal of Artificial Organs に掲載されました..
 
2016年5月,我々の査読付き論文 "水中病原体の許容感染リスクに基づいた水質衛生基準候補値の算出方法に関する提案" が専門誌 土木学会論文集 に採択されました.
 
2016年5月,我々の査読付き論文 "Prediction of Developmental Chemical Toxicity based on Gene Networks of Human Embryonic Stem Cells" が専門誌 Nucleic Acids Research に採択されました.2016年現在 Impact Factor 9.112 です.京都新聞(6月11日 25面),産経新聞(6月25日 26面),日本経済新聞(6月11日 38面)にも掲載されました.
 
2016年3月, 学部4年小林さんが第78回情報処理学会全国大会にて研究成果「SVM によるリアルタイム河川水中大腸菌濃度予測」を発表しました.この発表は,学生奨励賞に選ばれました.本研究室では,第78回情報処理学会全国大会で取得した学生奨励賞は合計3件になります.(詳細).
 
2016年3月, 修士1年宇敷君が第78回情報処理学会全国大会にて研究成果「変形部品モデルの高速学習法と顔パーツ検出への応用」を発表しました.この発表は,学生奨励賞に選ばれました.(詳細).
 
2016年3月, 修士1年松澤君が第78回情報処理学会全国大会にて研究成果「共分散記述子のための計量学習によるパターン認識」を発表しました.この発表は,学生奨励賞に選ばれました.(詳細).
 
2016年3月, 修士1年長谷川君が第78回情報処理学会全国大会にて研究成果を発表しました.(詳細).
 
2016年2月,我々の査読付論文 "Estimation of concentration ratio of indicator to pathogen-related gene in environmental water based on left-censored data" が専門誌 Journal of Water and Health に掲載されました.2016年現在 Impact Factor 1.458 です.(詳細).
 
2016年1月. 我々の論文 "Using Bregmann Divergence Regularized Machine For Comparison of Molecular Local Structures" が IEICE Transactions on Information & Systems に掲載されました.(詳細).
 
2016年1月, 修士1年高岸君が大阪で研究成果を発表します.(詳細).
 
2016年1月, 修士1年松澤君が大阪で研究成果を発表します.(詳細).
 
2015年12月, 我々の論文 "Sensorless cardiac phase detection for synchronized control of ventricular assist devices using nonlinear kernel regression model" が専門誌 Journal of Artificial Organs に採択されました.現在,Impact Factor は 1.44 です.
 
2015年11月, 我々の論文 "Bayesian modeling of virus removal efficiency in wastewater treatment processes" が専門誌 Water Science and Technology に出版されました.現在,Impact Factor は x.xx です.
 
2015年10月,我々の論文 "Segmental HOG: New Descriptor for Glomerulus Detection in Kidney Microscopy" が専門誌 BMC Bioinformatics に出版されました.現在,Impact Factor は 2.58 です.
 
2015年10月,我々の研究成果 "Estimation of pathogen density distribution in water based on left-cencored dataset: Bayesian vs Maximum a posteriori" が,国際会議 International Environmental Engineering Conference 2015 の口頭発表に採択されました.
 
2015年9月,我々の論文 "Using Bregmann Divergence Regularized Machine For Comparison of Molecular Local Structures" が専門誌 IEICE Transactions on Information & Systems に採択されました.
 
2015年7月,我々の論文 "Mahalanobis Encodings for Visual Categorization" が情報処理学会論文誌に掲載されました.さらに MIRU2015 口頭発表にも選ばれました.口頭発表の採択率は 36.84% で,論文誌の採択率は 22.45% でした.この発表は,MIRU2015 学生優秀賞に選ばれました.MIRU2015 は 600 名を超える参加者を有する規模の大きなワークショップでしたが,そのなかで, MIRU2015 学生優秀賞を受賞したのは我々の発表のみでした.(詳細).
 
2015年7月,我々の査読付論文 "Bayesian modeling of virus removal efficiency in wastewater treatment processes" が専門誌 Water Science and Technology に採択されました.2014年の Impact Factor は 1.106 です.
 
2015年6月,我々の査読付論文 "Estimation of concentration ratio of indicator to pathogen-related gene in environmental water based on left-censored data" が専門誌 Journal of Water and Health に採択されました.2014年では Impact Factor 1.458 です.
 
2015年3月,第77回情報処理学会全国大会にて我々の論文「画像認識のためのマハラノビスフィッシャー符号化法の提案」により学部4年生松澤君が学生奨励賞を受賞しました.(詳細).
 
2015年3月,博士3年 Raissa Relator が卒業式で学長より表彰されました.今年度に理工学府博士課程で学長より表彰を受けたのは,Raissa Relator ただ一人です.
 
2015年3月,加藤毅が金沢で研究成果を発表します.
 
2015年3月,学部4年松澤君が京都で研究成果を発表します.(詳細).
 
2015年3月,学部4年松澤君が仙台で研究成果を発表します.(詳細).
 
2015年3月,加藤毅が沖縄で研究成果を発表します.
 
2015年2月,我々の査読付論文 "Quantitative analysis of markers of podocyte injury in the rat puromycin aminonucleoside nephropathy model" が専門誌 Experimental and Toxicologic Pathology で出版されました.
 
2015年1月,我々の査読付論文 "EzCatDB: the enzyme reaction database, 2015 update" が専門誌 Nucleic Acids Research で出版されました.
 
2015年2月,加藤毅の記事 "マハラノビス符号化による画像認識"が一般誌「画像ラボ」に掲載されました.
 
2014年10月,我々の査読付論文"Fuzzy Multiple Subspace Fitting for Anomaly Detection" が専門誌 IEICE Transactions on Information & Systems に掲載されました.
     

 

 
English
 
共分散記述子
マハラノビス符号化
顕微鏡画像解析
平均多項式カーネル
打ち切りデータのベイズ推定
計量学習
ファジー部分空間クラスタリング
リガンド予測
酵素活性部位探索
伝達学習によるリンク予測
多タスク学習
ラベル伝播法
マイクロアレイ用カーネル
薬剤耐性予測
ネットワーク推定
カーネル推定
変分剛体変換
その他